京都府下宇治以南で唯一の伝統工芸士のいるお店です。石・墓石・石材の事なら(株)伊保石匠社にお任せください。

メインビジュアル

石の画像

技術と信頼 親切と真心の当社

祈願文と供養セット

『ワンハート・ストーン』(実用新案)をご注文をいただいてからお届けするまでに約1ヶ月お待ちいただくことになりますので、
それまでの間は、ご注文後すぐにお送りいたします「供養セット」にてお祀りください。
「供養セット」には、祀り方の案内と、骨袋、祈願文が入っています。
骨袋は、分骨したお骨や体毛の一部等を入れるための袋で素材は袈裟や法衣に使う金襴を使用しております
供養の仕方は・・・
南無阿弥陀仏より左側の「為   霊位」の所に亡きペットの名前を書き込みます。
「平成  年 月 日」の所に書き込む日付を書き入れます。
「願主」の下に貴方の名前を書き込んでください。
その後、祈願文を骨袋と一緒に胎内壺へお納め下さい。

祈願文に今は亡きペットへの思いをこめてあなたの手で書いた行為そのものが『供養』であります。
また、「お寺でお経をあげて欲しい」と希望される場合は、お申し込み頂ければ、協力して頂いているお寺で記入、らく印、供養して頂いた後、自宅へお送りすることもできます。
供養料は3,100円(税込み)です。
お申し込み方法は商品に詳しく書かれています。
尚、祈願文(ご回向付き)だけの注文も受け付けております。
供養料は同じく3,100円(税込み)です。

祈願文に書かれているお経は、『仏説無量寿経』という経典から動物の救いについて説かれた箇所を抜粋しています。(下記写真の右の部分、右から南無阿弥陀仏手前まで)
南無阿弥陀仏
総てのお経は、 お釈迦様が説かれたお話がもとになっています。
その殆どは人間について説かれた教えでありますが、動物についても説かれています。
そもそも人間と動物では死後、異なった世界観であり、動物はその身そのままでは極楽往生も成仏もしません。
動物が救われるには、六道世界を迷わず、次の命を人間として授かる以外ありません。
「祈願文~経文の意味」 我々が仏様のみ光に照らされればその内面に宿る貪り、怒り、愚かさ(煩悩)が消えてなくなり身も心も穏やかになります。
また地獄・餓鬼・畜生に在るものも苦しみがなくなり、安らぎを得ることができます。
そして命尽きる時、地獄餓鬼・畜生の苦しみから免れることができます

後々の日々は仏様のお慈悲を信じることが一番大切であります。
それが他力本願であります。