京都府下宇治以南で唯一の伝統工芸士のいるお店です。石・墓石・石材の事なら(株)伊保石匠社にお任せください。

メインビジュアル

石の画像

技術と信頼 親切と真心の当社

灯籠について

雪見燈籠は、生垣に囲まれた明るい書院前庭の一隅に立っている。
水戸光圀の寄進といわれる四角形の石灯籠で、 世に「勧修寺形」といい、雪見灯籠では、 代表的なものとされている。
灯籠は、高さ約1メートルと比較的背が低く、 竿は二脚とし、脚の股のところを空けているのが面白い。
特に笠の屋根をうすくして、大きく張り出し、(約2メートル) 火袋を覆っているのが特色です。 普通の雪見灯籠は、脚が大きいが、これは 脚を小さくし、代わりに中台以上を大きくしたの は、重苦しさを避け、茶庭向きにデザインされた ものであろう。
当社では伝統工芸士が、自ら作り出しています。

灯籠の種類

tourou_2
勧修寺型灯呂
tou3
創作竹型灯呂
tourou
利休型灯呂
tou2
ひょうたん型灯呂
(台は別売です。)
高さ350mm
tou1
草屋型置灯呂
高さ400mm